生理痛のタイプは2つ!

生理痛の痛みの原因は子宮の収縮を促し、経血を身体の外に押し出す働きを持つ「プロスタグランジン」というホルモン物質の仕業です。さらに、月経がくるたびに生理痛の痛みで日常生活に支障をきたす、鎮痛剤が手放せないという状態を「月経困難症」と呼びます。生理痛のタイプはこの月経困難症に注目して分けられます。ひとつは子宮内膜症や子宮筋腫といった病気が隠れている器質性月経困難症です。もうひとつは冷えやストレス、プロスタグランジンの分泌量が多いなどの、原因となる病気がない機能性月経困難症です。

痛くて生理が憂うつまずは婦人科へ相談を

毎回の生理痛がひどいと、体調に合わせて予定を立てたりと大変ですよね。「生理痛くらいで」と思わず、まずは婦人科の先生へ相談をしてみましょう。機能性月経困難症の場合、症状の重さや体質、どの程度改善させていきたいかに合わせて薬や漢方の処方をしてもらえます。人によっては寝込むほど重かった生理痛が改善されたという話も聞きます。薬を処方してもらう場合、定期的に病院へ通うことになりますが、忘れずに定期検診もできるメリットがありますよ。

大人になってからも生理痛がひどくて

器質性月経困難症の多くが、思春期のホルモンバランスの未成熟や生活習慣のストレスに起因しますが、成熟した大人になっても生理痛がひどい場合や大人になってから生理痛がひどくなったという場合は器質性月経困難症の可能性があります。20代後半からこれにあてはまる場合は多くなります。生理初日~3日を過ぎても痛みが続いたり、生理でないときも生理痛が起きることはありませんか。子宮などの病気は、手遅れになれば将来の妊娠にまで関わることです。鎮痛剤を飲めば大丈夫、学生の頃からそういう体質と思わずに一度婦人科での検診を受けてみましょう。

巣鴨の婦人科では妊婦健診や不妊相談、子宮がんの検診等を行っています。更年期外来を設置しているところもあり、幅広い世代の女性が通っています。