「更年期」は何歳ぐらい?

「更年期」は女性が閉経を迎える50歳を基準として、前後の10年間が対象と言われています。つまり、45歳~55歳ぐらいが更年期になるのです。この時期は、子どもの独立や配偶者の定年など「人生の大きな節目」の時期にもなります。少子高齢化にともない、それぞれの親の介護問題に悩む人もいるのではないでしょうか。また、肌トラブルや体力の衰えなどがあり、気分的にも落ち込む女性もいるかもしれませんね。このような事情もあり、更年期に起きる不快な症状を更年期障害と呼ばれています。

更年期障害の症状は人によっていろいろ!

女性が閉経を迎えると、ホルモンバランスが大きく崩れてきます。そのため、自律神経失調症を引き起こしやすくなります。わけもなくイライラしたり、家族に八つ当たりする人もいます。発汗やのぼせなどの身体症状に悩む人もいるのではないでしょうか。このような不快な症状は一生続くわけではありませんが、当事者にとっては大変つらいことも少なくないのです。そのため、無理をしないことが大切です。また、更年期を迎える人が身近にいるときは、まわりの人が温かく見守りたいですね。

「プラス思考」で乗り越えよう!

「更年期障害」だと思っていても、何らかの病気が隠れているかもしれません。そのため、不快な症状が続くときは医療機関を受診して、原因を確かめることをおすすめします。また、病気がないとわかったら「いい意味での開き直り」をすることも大切です。「プラス思考」で乗り越えましょう。更年期を過ぎた「人生の大先輩」の中には、霧が晴れたような気分になると感じた人もいるようです。実際、高齢女性にはいきいきと元気な人が多いですよね。更年期障害に悩む人は、そういう日々が訪れることを信じて気持ちを明るく持つようにしましょう。

女性にとって、婦人科受診をしようと思うことがあります。仕事をお持ちの女性にとって、日曜日に婦人科を受診できれば仕事を休まなくて済みます。