使える英語を身に付けるための準備

仕事での必要に駆られビジネス英語を身に付ける場合や、自分のスキルアップのために英語を学ぼうと決める場合など、人によって理由は様々ですが、英語力をきちんと使えるものにするためには事前の準備が大切です。具体的に、どういった場面で、どのように英語を使う事になるのかという部分を明確に出来れば、自分にとって何を学ぶのが一番効果的なのかが見えてきます。メールや文章でのやりとりが多いなら、伸ばすのはスピーキングのスキルではなくライティングスキルですよね。学ぶ方向性を間違えない事が、使える英語力を身に付ける第一歩になります。

自分のレベルと基礎固め

実際に英語を学び始める段階で、しっかりと把握しておきたいのが自分のレベルです。普段から英語を使っていて基礎は完璧というのであれば、特に必要のない事かもしれませんが、長い間、英語から離れていたり、一から学びたいという人も多いはずです。文法やある程度の語彙力がない内にビジネス英語を始めてしまうと、基礎の復習も同時に進めて行かなくてはいけないので、とても大変です。自分のレベルを把握し、英語力の基礎を固める事から始めるのが、負担が少なく成果を出す近道になります。

実践を意識した対応力を磨く

ビジネス英語を身に付ける上で大切なのは、実践の場を意識し、対応力を磨く事です。ビジネス特有の専門用語や言い回し、書類の書き方、挨拶や自己紹介、プレゼンテーションの仕方など、ビジネスの場面を想定し色々な事を学んでも、実際に使えなくてはせっかくの努力が台無しになってしまいます。何十回と繰り返す練習よりも、一度の実践の方が価値があるのは言うまでもありませんが、予期せぬ事態が起きるのもビジネスの場面では良くある事です。学んだ通りの事をそのまま活用出来るケースは寧ろ少ないと思い、その都度対応して行ける様な英語力を養う事が大切です。

ビジネス英語を学ぶことで、海外との取引を円滑に進める上で役立ち、営業成績アップといった効果も期待できます。