BCP対策で企業の早期復旧の鍵を握る初動対応

BCP対策とは、企業が重大な危機に直面した場合にどのように対処し事業を存続させていくかを考える事です。企業を取り巻く環境が激変すると、事業の存続が危うくなります。そのような事態に備えておけば、被害を最小限に留めて企業を守る事が出来るでしょう。BCP対策で重要なテーマの一つは初動対応です。大きな問題が発生した際に、まず初めにどのような対応を行うかを考える必要があります。この初動態勢次第で、今後の復旧にも大きな影響が及ぶでしょう。

企業活動を正常な形へと戻していく復旧対応の段階

BCP対策では、大きな危機に直面した後の普及活動についても考えなければなりません。初動対応後には仮復旧対応の段階へと移行し、企業活動を本来の形へと戻すよう活動を開始します。復旧に向けての下準備を実施し、次の段階である本復旧計画へとつなげる重要な行動に当たります。本復旧は、BCP対策の各段階の中で企業を正常な事業形態へと移行させる重要な意味を持っているのです。具体的には電気やガスなどのライフラインの確保や建物の修復などを実施することが本復旧に該当しますね。

平常時の準備をテーマとする保守運用

企業が直面する危機からの復旧で鍵を握るのが、BCP対策の中の保守運用です。BCP対策では、初動対応や仮復旧、さらに本復旧などの計画を立てることになるでしょう。ただしこれらの活動を潤滑に行うには、何より普段からの準備が欠かせませんよね。そこでBCP対策の中で保守運用では、防災グッズの準備や避難訓練の実施など、平常時にできる危機対策をテーマとしています。この保守運用ができてこそ、企業が危機に直面した時の存続の可能性が高まります。

BCP対策は企業の大小に関わらず行うべき対策と言えます。近年、未曾有の震災や世界的なテロ事件が起きておりいつ何時、自社及び社員が巻き込まれるか分かりません。