六星占術はこんな占い。

六星占術は、その人の生まれ持った運命を6つの運命星に分けて占うものです。運命星は生年月日によって決められます。土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人に分かれます。特別な条件が揃った時だけ、霊合星人というものもあります。六星占術は他の占いと同じようなことも占えるのですが、宗教的なところが多いのが特徴です。なので、言われたことを守らないと悪いことがあるかもしれないと言う要素が強いみたいです。

大人気定番の手相占い。

手相はみなさんご存知だと思いますし、定番で人気の占いですよね。手相占いでは、その人の性格や長所短所、恋愛についてや健康について、結婚する時期や子供を産む時期など自分に関わることが、過去現在未来とすべて分かってしまいます。手相占いの面白さは未来が見えるところだと思います。未来が見えるので、悪いことを言われた場合それを避けることも努力次第では出来るのです。恋愛も何歳で運命の相手に出会えるなどと言われればどの人が運命の相手か見極められるので便利ですよね。

姓名判断でわかること。

姓名判断では、その人の大まかな性格と運勢や傾向などを簡単に知ることができます。運命は生まれてから20歳まで、20歳から50歳まで、50歳から晩年まで、先祖から受け継いだ運勢の4種類を占うことができます。姓名判断のいいところは、名前の画数だけで占うことができるので手軽でネットでも調べることが出来ます。これだけ手軽でいろんなことが分かるので、子供の名前を付けるのに姓名判断を使って名前を付ける人もたくさんいますよね。

占い師が当たるという情報を得るには、占いに特化した口コミサイトをチェックするのが最も信頼できる媒体と言えます。